内容をスキップ

刊行物

7. 7月 2022

世界市場を牽引する 風力エネルギー

ダウンロード出版

デンマークは世界初めて、国として2050年までに化石燃料の利用から完全に脱却することを決定し、その転換をリードしてきました。この目標を達成するための重要な要素は、風力由来のエネルギーのシェアを拡大​​することです。

デンマークは、30年前に商業用洋上風力発電所を設置した最初の国であり、数十年にわたって風力産業のパイオニアとして産業の発展をけん引してきました。 2019年、デンマークの電力消費量の47.2%を風力発電が賄いました。これは新記録であり、2018年から7%以上増加しています。

風力エネルギー・イノベーションのグローバルハブ

デンマークは風力エネルギーのイノベーションの世界的なハブであり、デンマークの風力産業は雇用創出しています。高度なスキルを持つ労働力、プロトタイプをテストするための最先端の設備、企業・研究機関・政府の研究プログラムの包括的なネットワークが、世界で類を見ない革新的な研究開発環境を構築しています。デンマークでは、ナセルやブレードからほぼ商業サイズの風車のすべてのテストができます。そのため、世界中の企業がデンマークに研究開発業務の中核施設を設けています。

安定した費用対効果の高い供給の確保

現在、デンマークには合計6.9 GW、約4,800基の風車が設置されており、そのほとんどが陸上にあります。デンマークの発電能力全体の3分の1は約6.2GWです。大規模な風力エネルギーの導入は、変動する風力発電の出力に対応できる、送電網によって可能になっています。デンマークの電力網は近隣諸国に接続されており、ピーク時にエネルギーの輸出入が可能です。

この白書では、デンマークの風力エネルギーの「サクセスストーリー」のすべての要素について説明します。始まりは現在では小規模と言われる風車の導入から、近年の再生可能エネルギー源としての風力エネルギーの限界と野心を押し上げたプロジェクトと技術までご紹介いたします。

重要なポイント

  • 風力エネルギーの経済効果
  • デンマークの最先端の風力エネルギーの取り組み
  • デンマークの風力エネルギーの歴史を参考に、それぞれの風力エネルギーの取り組みの実践に向けてのインスピレーション

出版物をダウンロードする