風力発電

デンマークは30年以上も前に世界で初めて洋上風力風車を設置するなど、常に風力発電の先駆けとなってきました。今日、陸上および洋上風力発電はデンマークにおける40%の電力消費を補っています。2021年までには電力消費量の50%が風力発電によって賄われると予測しており、導入の拡大に力を入れています。

風力発電におけるイノベーションの国際拠点

高い技術力を備えた人材、優れた実験・実証設備、企業のネットワーク、研究機関、政府の研究プログラムなど、他国どこにもない革新的な研究開発環境が整っています。デンマークには実物大のナセル、ブレードや実用化直前の風車の試験ができる施設があり、世界各国の風力発電関連企業が研究と開発の拠点をデンマークに置く理由がここにあります。

安定した経済性の高い供給の確保

デンマークにおける大規模な風力発電の電力網への接続は、変動にも対応できる、高度な送電インフラの整備によって可能となりました。デンマークの電力網は隣国と繋がっており、ピーク時における電力の輸出入を可能にしています。風力発電の大規模活用は安定した国産エネルギーの供給だけでなく、経済性の確保にも役立っています。今日、陸上風力発電はデンマークにおいて最も生産コストが低いエネルギーです。

未来へ、デンマークとともに