水供給、水質、廃水処理に関する水問題は、総合的な水管理や水循環に対するアプローチを通して、回避もしくは問題の深刻さを減少することができます。

安全で効率的、信頼性のある供給

デンマークで消費される水は、すべて安心して飲める地下水で賄われています。水道水も塩素処理は行われていません。1980年以降GDPが75%成長した中、国内での水消費量は約40%削減されました。最先端の供給システムにより、細菌や他の不純物が最小限に抑えられ、水道網における水の損失が7%以下までに削減されています。

エネルギーを生み出す排水処理

デンマーク国内初の排水処理計画は1976年に導入され、今日では全国に1400の排水処理施設があります。2-3%のデンマークの総エネルギー消費量は排水処理に活用されていますが、更に多くの施設は水処理におけるエネルギー消費削減の可能性があります。いくつかの施設では、消費エネルギー量を上回るエネルギーを生産することに成功しています。

水ソリューションを世界中へ

デンマークは水分野において意欲的な計画を持っています。水に関わる企業等と政府の対話により作られた2025年に向けた水分野におけるビジョンは、デンマークをスマートで効率的な水ソリューションのハブとして成長させると明記しています。

未来へ、デンマークとともに