SSP Technology

Company
SSP Technology

SSP テクノロジーはデンマーク企業です。デンマークは風力をエネルギー源として活用する面で、世界の最先端を行く国であります。

SSP テクノロジー社はデンマークの中心に位置するフューン島、オーデンセ市の南に位置しています。オーデンセは世界に知られる童話作家アンデルセンの生誕の地であり、彼はは豊かな自然に恵まれたフューン島を、“デンマークの庭”と呼びました。

SSPテクノロジーはその豊かな自然を次の世代に引き継いでいくことを願っています。持続・再生可能なエネルギー供給を確保するために、知識と努力を駆使し、高効率の発電用風車のローターブレードの開発の開発に取り組んでいます。

SSPテクノロジーは2001年に創業して以来、風車のローターブレードのデザイン開発に専念し、世界市場に着々とその名広めてきました。 今日では、グローバルで活躍するスペシャリスト各社と協力を続けており、世界各地で当社のブレードが回転する姿が見られるようになったことを、大変誇りに思っています。

今日SSP テクノロジーは経費効率も性能も高く、信頼できる複合材を用いたブレード用のモールド、ならびにパテント獲得済みのコンポーネントを開発・製造しています。

ローターブレードテクノロジーおよびモールド構造の領域で、作図から実際の製造に及ぶ全工程を通じて、当社は世界の最先端を行くノウハウを所有しています。特に、空気力学上の特性、品質の均一性、軽量、高生産性などを重視しています。

SSPテクノロジーの技術の導入は、将来性のあるブレードを開発することを約束します。

子どもの頃私はよく海に出て、風をうけてヨットの帆が膨らむ様子を楽しんだものです。成人してからは船大工として20年ほど仕事をしてきましたが、その間、常に風と自然の力に魅了されてきました。SSPテクノロジー社は風の力に感服し、船そのものと同じような素晴らしいツールであると 私たちは理解しています。風力は未来の発展へ向けて、私たちを後押ししてくれるのです。

将来日本が再生可能なエネルギー源中心の社会へと変遷してゆくことが期待されますが、そのプロセスにおいて、SSPテクノロジーは長年社内に蓄積されてきた専門知識を提供し、協力させていただきたいと願っています。

SSPテクノロジーが提供するローターブレードは、

蓄積された経験とユニークなパテントを駆使し、

多数の試験を乗り越え、

今日、競争力に富んだ会社へと成長してきました。

もっと読む
一次連絡先
Martin Fischer
+45 2779 2685