持続可能なエネルギーで未来を動かす

過去30年にわたる止まらないCO2排出の増加と、拡大し続ける安定的な電気・熱・冷房・交通の需要は、世界中に大きな挑戦を課しています。

人口増加と拡大する中間層人口もまた、グローバルなエネルギー情勢をより一層流動的なものにしています。

「どうしたら、経済成長を阻むことなく、クリーンで安価なエネルギーへの人々のアクセスを確固たるものとし、気候変動を食い止めることができるだろうか?」この問いは、今や大きな経済価値をもつ重要な問いになってきています。

それぞれの国がそれぞれの課題に直面しており、各国が自国特有の、低炭素経済へのエネルギー転換への道筋を見つけなければならない状況が生じています。

ある国では送電網インフラの強化により安定的な電力供給を確たるものにする方策が求められ、ある国では全体のエネルギー消費を削減していくアクションを起こさなければなりません。

すでに再生可能エネルギー由来のエネルギーが主軸となっている国もあれば、エネルギーシステムのデジタル化を進め、センサーやスマートメーターを実装し、データを駆使した知的で柔軟なエネルギーシステムの確立への歩みを進める国もあります。

低炭素社会への移行は、エネルギー業界におけるパラダイムシフトとなっています。一方で、脱炭素化と経済成長は互いを阻害するものではありません。未来における最も豊かな社会とは、同時に最も持続可能な社会でもあるでしょう。

課題を深く探る

この課題に対する持続可能なソリューションの詳細についておすすめコンテンツをご覧ください

注目コンテンツ