成長する世界へ、安全な水資源を

3推計では、10億以上もの人々が、清涼な飲料水へのアクセスを持たず、何らかの水不足を日常的に経験しているとされています。

こうした状況、および十分な衛生設備へのアクセスが確立されていない状況は、不公平にも世界で最も貧困な地域において立ち現れています。

同時に、気候変動は深刻な干ばつや洪水の頻度を増し、利用可能な淡水の量を急速に削り取っています。

人口と富の増加は互いに絡み合った問題となり、水問題に新たな課題を打ち付けています。増加する人口は飲料としての水だけでなく、エネルギーや食糧生産のニーズを満たすための資源としての水をも必要とするのです。

需要と供給の持続可能なバランスを達成し、それぞれの目的に応じた十分な水をその質とともに担保していくことは、成長する世界における水安全保証を達成するカギとなります。

それでも、技術を賢く適用し、適切な政策づくりや実行可能な規制、官民の連携や水関連コストについての正しい理解を進めていけたならば、この目標を達成することは可能でしょう。