スマートで、グリーンで住みよい都市へ

2030年には、10人に6人が都市に住んでいると考えられています。都市住民は、拡大する混雑、廃棄物・水管理問題、交通システムの渋滞や汚染に立ち向かわなければなりません。これらはいずれも、市民の健康や暮らしの質に直接の悪影響をもたらす問題です。

持続可能な都市への転換は、社会的・文化的・経済的そして気候的な要素に左右されます。

経済発展の中で急成長を続ける都市においては、エネルギーや水、モビリティといったベーシックニーズを、効率的な資源管理の中で持続的に満たしていかなければなりません。

すでに一定程度成熟した経済圏にある都市では、経済活動やエネルギー消費、環境影響が最適化された状態とするために、スマートなアプローチが求められます。

都市の開発状況に関わらず、都市住民の「良い生活」を担保することは、基本理念であるべきでしょう。

都市化における課題を解決していくには、数多くの地域において、新たな投資は不可欠なものであり、また全体を俯瞰したアプローチを採用していく必要があります。

しかしながら、よりグリーンな未来への移行を、地域の力を活かしながら加速することができたなら、すべての人々が豊かに暮らせる、健康で済みよい都市をつくっていくことも可能でしょう。

課題を深く探る

この課題に対する持続可能なソリューションの詳細についておすすめコンテンツをご覧ください

注目コンテンツ